iPhoneハッキング警告が来た方、そしてハッカーに追跡されていますなどのキーワードでびっくりさせられている方もいるかもしれません。そして、そんな画面の本物と偽物の見分け方を紹介します。ちょっとした見分け方のコツをつかむだけで一発でわかるようになります。そして、ハッキング警告を見た場合は結論から書いてみると、ほとんどは偽物として考えてください。

iPhoneのハッキング警告の本物と偽物の見分け方

■URLに注目しよう
一番簡単なiPhoneのハッキング警告の見分け方は、URLに注目することです。ほとんどの場合、URLを見てみるとめちゃくちゃなことが多いです。Appleと書いてあるところが、Aplpleといったような紛らわしい表記であったり、URLがどう考えても偽物なことが多いです。URLについては、ほとんどの業者は意味があってわかりやすい名前をつけることが多いです。Googleでも誤字がなくちゃんとその名前がURLに入っていたり、AppleでもYahooでも同じです。一見して、名前がおかしいURLであれば確実に偽物です。

 

■大抵は偽物と思うことが必要
ほとんどの場合、iPhoneのハッキング警告は偽物と思うことがおすすめです。少なくとも、当サービスが使っている限りは本物の画面に出くわしたことがありません。その理由については、下記で詳しく説明します。音がなったり、その対処法を親切に演じて偽物画面は警告を発していることがありますが、その多くの目的が広告収入であったり、クレジットカードのデータをがっつりと引っ張ったりです。知らないうちに海外で利用されていることもあります。

 

■そこまでiPhoneは親切ではない
これは書いて良いか迷うものですが、事実であるため書いておきます。まずは、iPhoneなどの端末はそこまで、親切な案内をしてくれないのが現状です。電話やインターネットにつないだり、ゲームをさせたりといったような役目でセキュリティにまであまり手が回っていないことが多いです。それが攻撃であるかどうかも見分けることには莫大な量のプログラムや資金が必要です。仮にそれが実現したとしても、ユーザーから「この端末は使っていると動作が遅い」というようなクレームにもなりかねません。

iPhoneのハッキング警告に対する必要な本物の知識

基本的に、前述の方法で判別は可能です。それでも分からないのであれば、ネットサーフィンで色々とパターンを勉強することがおすすめです。大抵は、すでに使われていないドメインをスパム業者が横取りして、そういったハッキング警告の偽物画面につなげたりすることがあります。本物はありません。特に放置されたサイトは、その餌食になりやすいです。基本的なサイトの仕組みは、ドメインを取得してサーバーと契約して内容を書いて、数ヶ月まって検索エンジンに登録されたりしてというような流れが必要です。当サイトもその例外ではありません。場合によっては、ドメインがずっと放置されていたりすると検索エンジンに登録されていることを悪用するパターンもあります。それで引っかかっているケースも当サービスで見かけることもあります。こればっかりはインターネットを使って覚えたり、ブラウザの仕組みを学んでみたりがおすすめです。それでも、気になるようであれば各キャリアが提供しているセキュリティサービスや、ウイルス対策ソフトのインストールを考える必要があります。しかしながら、いずれも有料であるため、ここまでで紹介した知識を漏れがなく頭に入れることで、いざというときにもウイルス対策ソフトがなくともハッキング警告については対処可能です。

 

\ご相談は無料/

お手持ちの端末の脅威を解決します。新たな被害へ至る前にご依頼を!