iPhoneにセキュリティソフトが不要だというような解説をよく見かけます。あれは本当にそうなのかというと、半分本当で半分は嘘の見解を当サービスは持っております。どのようなことが理由になっているのか、今回はセキュリティソフトについて一般の方にも学びのきっかけになればうれしいです。今やセキュリティソフトだけでは防げないこともあるのも事実ですが、もっと学ぶべきことを書いてみたいと思います。

iPhoneにセキュリティソフトが不要なのは嘘です

サイトや一部のYouTuberがiPhoneにセキュリティソフトは不要論を述べております。あれは、当サイトの見解からすると半分は嘘であると感じております。確かに、iPhoneなどのiOSがインストールされている製品はセキュリティに関しては非常に高い状態でみんなの手元に渡っております。ただし、絶対にウイルスに感染しなかったり、何かしらのサイバー攻撃の被害に遭わないものではありません。例えばハッカーに追跡されていますというような表示をする偽サイトがありますが、あれは詐欺の1つです。引っかかってしまったり、そんな画面を見た知識のない方は検索をしてまで大慌てをすることもあります。そういったサイトをなるべく表示しないように対策してくれているのもセキュリティソフトの役目です。もし、セキュリティ的な知識がないのであれば、ノートンであれウイルスバスターであれ、入れておくと安心できる部分があります。無料のものでも良いので、当サイトは入れておくことをおすすめしております。

 

また、iPhoneにセキュリティソフトは不要どころか、AppStoreなどにも対策があるからまったくウイルスに感染しないなどとこれは100%嘘のことを書いているサイトがあります。必要とも不要とも言い切っているサイトには気をつけることがおすすめです。実際にセキュリティソフトでは検出できないものの、そういった被害に遭っている事例もあります。では、どういったことに気をつければいいのかということについて対策方法も交えながら書いて、これまでのセキュリティに関する知恵をアップデートしてみましょう。

iPhoneにセキュリティソフトは必要だし、こんな知識も必要

・信頼されていないWi-Fiにアクセスしない
まずは、どれだけセキュリティソフトを使ったり、iPhoneを適切に保護していたとしてもですが重要なことが他にもあります。無料でつなげることができるWi-Fiスポットもいまの流行ですが、なるべく信頼されていないWi-Fiには接続しないようにすることがおすすめです。例えば、セキュリティ的に弱いWi-Fiがあれば場合によってはメールなどの通信ログも見放題です。そこで買い物をしようなんて絶対に思わないようにしましょう。できれば、キャリアが提供してくれている回線に切り替えて買い物は行うことがおすすめです。

 

・フィッシングサイトに関する知識を深める
セキュリティソフトもまた完璧なものはこの世に存在しません。守る知識があなたには重要です。知らないおじさんについていかないのと同じことで、不審なURLにはアクセスしないようにすることがおすすめです。例えば、楽天やAmazonなど見た目は普通のページがありますが、よく見てみるとURLがおかしかったりします。意味不明な文字の羅列であったり、ドメインがおかしかったりすることがあります。Amazonであれば、co.jpで終わっていることが多いですが、.xyzなどのドメインであればフィッシングサイトです。ドメインが.xyzであるからといって詐欺である意味ではありません。Amazonのドメインが正しいか目でちゃんと検証することが大事です。

 

・iPhoneだけを対策すればいいと思うな
このサイトを見ている方で、iPhoneだけを完璧にすればいいと思っているのであれば大間違いです。例えば、家があったとします。そこには暗証番号を入力しないと入れない設定であったとしましょう。家そのものは強固なセキュリティがあるように感じますが、その中に住んでいるだれかが暗証番号を口外すると、それはセキュリティ的に弱い家になります。それと同じことで、iPhoneに接続される機器の類にもできれば目を向けることがおすすめです。ルーターなどにもしっかりと目を向ける必要があります。

 

・ウイルス・ハッキング対策は最新の情報にも目を向ける
できればウイルスやハッキング対策は最新の情報にも目を向けることがおすすめです。SNSや政府のサイトでもそういった情報を配布していることがあります。セキュリティソフトだけをiPhoneにインストールしていても、対策が行われる前に攻撃をされてしまうと簡単にそのセキュリティは突破できてしまうことになります。IPAなどその情報を公開するページがあり、そういった情報にも可能であれば目を向けることがおすすめです。

 

共通脆弱性識別子CVE(情報処理推進機構)

 

・パソコンもちゃんと保護しよう
iPhoneについてせっかくセキュリティソフトで以前よりも強固にしたにもかかわらず、パソコンなどの周辺機器に脆弱性があれば一気にiPhoneにまで被害が及ぶ可能性があります。そういった機器をお持ちの方は、なるべくインターネットに接続していないとしても保護しましょう。完全に何の機器にも接続しないのであれば話はべつですが、まずそういった運用も難しいです。無料ソフトでも良いので入れておくことがおすすめです。

 

・知識のある人やサイトを見よう
多くの場合、知恵袋やYouTuber、ブロガーの知識が甘いサイトを参考にしている方も少なくはありません。「検索してきたら出てきたから」、「この人がこう言っていたから」といって、それが必ずしも正解であるとは限りません。当サイトが見る限りは、知識を持っていないサイトや個人も多く見かけます。それらの方はほとんどの場合は広告収入目的です。また、各検索エンジンもその情報が100%正しいと判断して上位表示しているものでもありません。例えば悪意を筆者が持つとすれば、そのドメインやアカウントを盗んで、信頼されたサイトであるかのように見せかける手法など簡単に思いつきます。なるべく手に入れた情報は信頼性の高いものかも検証すると良いです。必ずしもそうする必要はありませんが、特に身を守るための情報はそうするべきだと筆者は感じます。

 

\ご相談は無料/

お手持ちの端末の脅威を解決します。新たな被害へ至る前にご依頼を!