何かしら検索をしていたり、サイトを見ていたりしてiPhoneが4個のウイルスに感染していますと出てきた方に向けての対処法を説明しております。実はこれ、数字はランダムに出てくることがあります。4個のときもあれば3個のときもあったり、13個であったりです。当サイトでは、この手の内容に関する注意点やいくつかの手法を述べてきました。今回もそれをおさらいしながら、どのようにするべきなのか対処法を紹介していきます。

iPhoneが4個のウイルスに感染していますは無視でOK

基本的に「iPhoneが4個のウイルスに感染しています」は無視で問題ありません。当サイトが確認する限りは前述の警告文に続いて、「すぐに除去しないと、ウイルスはスマホをブロックし、SIMカードにダメージを与え、すべての重要なファイルを削除する可能性があります。ウイルスをすぐに除去する方法:」と続いております。本当に怒りえるとすれば、かなり深刻なお話ですが大嘘なので気をつけてください。そして、出てきたものもインストールはしない方が良いです。今のところ、無害なアプリがインストールされることを確認しておりますが、今だけです。知らない間にもっと悪質なアプリをインストールさせられていたこともあります。最悪の場合は、本当に個人情報を利用されかねない状況になります。たまに個人情報なら多少はと考える方も居ます。それも間違いではありませんが、さすがにクレジットカードなりの情報が悪用されると黙っては居られないと思います。間違ってもこの手のアプリはインストールしない方向性がおすすめです。

iPhoneが4個のウイルスに感染していますの類似警告について

他には、「お使いのiphoneは3のウイルスに感染しています」、「39件のウイルスが検出されました。」、「お使いのiphoneは(4)から深刻な損傷を受けています」などの画面が出てくることがありますが、どれも現在のところは手法は一緒です。基本的にこの手の画面やスマホウイルス感染警告画面に本物はないと考えてください。特別なアプリなどをインストールしているのであれば、別のお話ですがその場合は感染する前にサイトへの接続をブロックしてくれたり削除してくれたりがほとんどです。

iPhoneが4個のウイルスに感染していますでインストールしてしまった場合

運悪くインストールしてしまった方も居るかもしれません。そこで、もしIT系に関して技術力を持っているのであればそのままチェックをかけて削除することで問題はありません。しかしながら、この手のアプリに関しては除去しても更なる脅威に晒されてしまうことがあります。場合によっては、連携している決済会社などへ利用停止の連絡を行わなければならなかったりします。もしもの場合の情報流出先なども考える必要があります。そこに自信がない場合には、専門的な業者へ依頼することがおすすめです。電気屋なども行っているケースもありますが、あくまでも市販のチェックソフトでチェックしていることがほとんどです。そのため、情報の流出までは対処してくれないことが多いです。その場合のチェックも含まれるかなどは依頼をする前に業者に確認すると良いです。もし、あまり良い業者が近くで見つからなかった場合には当サービスへお任せください。間違ってインストールされたアプリの脅威などを調べた上で情報の流出が行われていないかなどのチェックを行わせていただきます。場合によっては、クレジットカードなどの情報がすでに第三者の手に渡っていることもあります。連携している先に停止の要求を行う必要があります。もしここで、停止を行わないとすれば海外で利用されていることが多いようです。知らない間に海外からよくわからないライブへ課金されていたり、ブランド物を複数買われていたことがあります。ここで犯人の突き止めまで考えると莫大な費用になることがあります。ご不安であれば、一度当サービスへご相談ください。相談そのものは無料です。

 

\ご相談は無料/

お手持ちの端末の脅威を解決します。新たな被害へ至る前にご依頼を!