ハッカーに関して特定をすることが可能なのかどうかとのご質問をいただくことがあります。これについて、実際に特定可能かどうかについて書いていきたいと思います。法的な意味でちゃんと特定して訴えたい方に参考になるかもしれない記事です。また、ハッカーといっても多様なケースがあります。実際に捕まる事例もあったり色々な視点から書いていきたいと思います。

ハッカーを特定することは場合によっては可能

さて、結論から書いてみるとハッカーを特定することは場合によっては可能です。多くの場合は、SNS乗っ取りやLINEへの嫌がらせ、スマホやiPhoneへの嫌がらせをどうにかしたいと思っている方も少なくはありません。そして、いずれのケースにおいても場合によっては特定可能です。基本的に、それぞれのサービスや端末には何かしらの行動の形跡が残ることが多いです。そして、ハッカーによっても色々な手法を使うことがあり、その手がかりから特定に至ることは可能です。また、そういった技術を持っている弁護士と組み合わせたり、技術を持っているサービスに依頼することがほとんどです。そして、多くの場合はハッカーといってもあまり高度なことは行っていないことがほとんどです。何かしらのソフトやアプリを利用して嫌がらせを行っていることがあり、そこからバレて捕まることもあります。もっと高度な技術を持っているハッカーであれば、捕まることも難しいことがありますが、それもほとんどの場合は稀です。

ハッカーを特定するにはハッカーに依頼する方法もある

ハッカーを特定するにはハッカーに依頼する方法もあります。夢のような映画のどこかで起こっているような感じかもしれませんが、実際にそういったことを依頼する掲示板のようなところもあります。通常、ここは検索してもたどり着けない領域に設置されていることが多いです。そのため、特殊なアプリやソフトを使う必要があります。一般的に検索していけるようなハッカーへの依頼の掲示板では嘘か詐欺がほとんどです。本当の意味でのハッカーはそこまで、知識レベルが薄いものではありません。掲示板で何かしら誰かしらに分かりやすく公開することは、ハッカーにとってリスクでしかありません。そういったところが、活動の温床になっていれば警察や国にも目をつけられてしまいます。この領域へ向かう方法をここでお知らせしたいところではありますが、ここを読まれているようであれば痛い目を見てしまうことがほとんどです。知識なしでアクセスしてしまうと、それはそれでハッカーからの良い餌食になってしまいます。ただ、視点を変えればハッカーというものは実はたくさん世の中で活動しております。ほとんどの場合はハッカーと名乗るとイメージが悪いことから、セキュリティ業者を名乗っていることが多いです。一般的にハッカーと名乗るのも怖がられてしまうことが多いからです。当サービスも同じです。

ハッカーによるハッキングを特定して訴えるには?

何かしらの根拠を持っていて、ハッカーによるハッキングを訴えるとします。そして、多くの方が向かうのは警察です。そこで、何か対処をしてもらえたり捜査をしてもらえたりというような大きな希望を持って行ってみたものの、鼻で笑われたり、相手にしてもらえなかったなどのケースも少なくはありません。ちゃんとした証拠をそろえて持っていけば別のお話ですが、どのように証拠をそろえて良いのかなども不明な場合もあるかもしれません。そういった場合は、専門的な業者を利用することがおすすめです。業者によっては弁護士まで準備しているところもあります。当サービスは残念ながら、あなたのご要望を法的にかなえることは難しいですが、証拠集めであればお役に立てるかもしれません。実際にこういったサービスを利用して、捕まる事例もあります。もし、訴える気持ちが強い方は弁護士や警察に渡す手前の情報は当サービスが特定できるかもしれません。気になっている方はぜひともお問い合わせください。

 

\ご相談は無料/

お手持ちの端末の脅威を解決します。新たな被害へ至る前にご依頼を!