ハッカーの脅威に日々晒されている方、そして対策を行いたい方に向けて今回はどのようなことを行うべきかということについて対策方法を書いてみたいと思います。ちなみにこれを守れば完全というものではなく、基本的な仕組みやハッカーの目的を知ることも大事です。まず、ハッカーの被害を受けてしまう一般人は、大抵はお金を奪うことが目的なことが多いです。もしくは、ストーカーです。対策について他のサイトでは学べないことも一緒に書いていきます。

ハッカーからスマホを守るための対策について

■端末は常に最新にアップデートする
一番はハッカーからスマホを守るために何も分からないのであれば、アップデートが走っている場合にはしっかりと対処することがおすすめです。もし、ゲームを行っているのであって、特別な事情があるのであれば別の話です。しかしながら、OSやアプリには意味があってアップデートが走ります。中にはセキュリティを向上させるためのアップデートもあります。どれだけ信頼されているストアなどから出ていても、必ずといっていいほど脆弱性はどこかに存在します。

 

■スマホだけの対策は甘い
もし、ハッカーからスマホを対策したいと思っているのであれば、スマホだけの対策は甘いです。パソコン、その他のタブレット端末、コピー機、IoT機器、プリンターなどいずれもハッキングの対象に入ります。これはあなたが何かしらの建物に侵入すると考えた場合と同じ考え方です。常にドアも開いており、そこに大金があれば取りやすい状態です。そんな建物も中々見かけませんが、あなたが泥棒になったとすればセキュリティの甘いところはまさに餌食と考えるはずです。反対に、警察が常にうろうろしているところには狙いに行かないかもしれません。ハッカーも同じ考え方で、甘いところを狙いにいきます。

 

■信頼されていないWi-Fiは使うな
Wi-Fiを無料で開放しているところもありますが、ハッカーからスマホを守るのであれば、特に飲食店は良い餌になります。信頼されていないWi-Fiを使うことによって、場合によってはあなたの個人情報が取られてしまうこともあります。そこで悪巧みを考える人が居れば、あなたが何気なく発した情報やお買い物をした情報、中には見られてほしくないやり取りなどを盗まれてしまうことがあります。そのデータの送信先がTwitterであれ、インスタであれ、何であれですが、そこに行く前にデータが取られてしまうこともあります。

 

■不審なアプリは入れない
これはiPhoneではなくスマホ限定ですが、色々と怪しいソフトを手に入れることができるのがスマホの良いところですが、ハッカーにとってはそれだけ良い舞台になります。不審なアプリなどはあまり入れないことがおすすめです。特にゲームをしている人であれば、チートツールなどを入れることもあるかもしれません。単にツールとして公開している場合もあれば、かなり怪しい目的で公開されていることもあります。特に情報が盗まれなくとも踏み台になっていることもあります。

 

■変な拡張機能も入れない
ブラウザによっては、セキュリティは高性能になってきておりますがそれでもハッカーの対策になっていないことがあります。下手なプログラムは実行できないようになっておりますが、開発者は特別な権限で拡張機能を配布できるという点に注視して実際にデータが盗まれた例もあります。アプリ名などをあげることはできませんが、お金に関する取引で数百万ほど盗まれた事例があります。たちの悪いことにその犯人は未だ雲隠れをしている状況です。

 

■OSのレベルは適切に保つ
最近はスマホを改造したりなども流行っていますが、場合によってはOSに変更を加えるものもあります。そうなれば、自由度も高いですが、それだけセキュリティのレベルも下がってしまいます。つまり、正規の使い方ではないため、携帯ショップでも相手にしてくれない事態になってしまうことがあります。スマホをハッカーから守るのであれば、なるべく適切なレベルに保つことがおすすめです。

 

■簡単にアカウントを教えない
意外にありがちなことが、スマホを他人に少しの時間貸すことです。そこから、ハッカーに狙われていることもあります。どのようなサイトを見たか、動きをしたかなどをいちいち見ていない場合もあります。場合によっては、ログイン情報を盗まれてLINEを見られてしまったなんてこともあります。最悪なことに、イタズラで相手に情報を送信していた事例があります。当サービスで見つけた事例ですが、恋のもつれから相手に変なLINEを送っていたようでした。犯人とは和解になりましたが、人によっては許せないこともあるかもしれません。

 

■気をつけたいネットカフェ
スマホのセキュリティを守ることとネットカフェはあまり関係ないかもしれませんが、気をつけておきたいことがあります。それはログアウトのし忘れです。状況によっては、パソコンを再起動すれば初期状態に戻ることもありますが、復元できてしまうパソコンもあります。そうなればアカウントの情報も取り放題になります。人によっては見られたくない購入履歴であったりもあるかもしれません。アレなグッズを買っている方などは、特に要注意です。

 

■不正な通信は常にあると思え
基本的にスマホのハッカー対策として不正な通信はかなりあると考えて下さい。一番大事なことは、特にすれ違うだけでお金が取られてしまう端末もありました。しかも、数百円や数十円レベルで誰も気づいていないことがあります。100台のスマホとすれ違うだけで、ハッカーにとってはそれなりの収入です。ハッカーではなくとも、そういったものを販売している不届き者も居ます。なるべくスマホをそういった不正な電波から守るための袋なども購入することがおすすめです。場合によっては気休めでしかないため、しっかりとした検証も行うことがおすすめです。残念ながら企業との癒着の関係はないことを示す意味で適切なメーカーは公開しません。

 

\ご相談は無料/

お手持ちの端末の脅威を解決します。新たな被害へ至る前にご依頼を!